・各種土木用製材品
土木施設に木材を利用する方法には素材(丸太)のまま使用する場合や加工材を

使用する場合など様々なケースがあります。
                        
                                  木材の加工区分  
林道工事関係
・木製面壁
   
        切土タイプ                 盛土タイプ 

     
      切土タイプ(2,400仕様)         盛土タイプ(2,400仕様)


・木製水叩き
       
       (1800×1800)                  (1800×900)

     
        (1800×900)
 

・木製桝蓋                    ・標識囲い
        
       (0.92×0.92)                    切土タイプ


・ウッドパネル(法面用)
        
         1ユニット

・木製簡易横断溝              
    

    ・木製側溝

      

    


下水道工事関係
・はしご胴木基礎

  軟弱地盤、不当沈下の恐れがある箇所に下水道管や護岸工事を設置する場合、

  基礎地盤を確保する目的で使用されます

  管路方向に2本の胴木(継ぎ手あり)を渡し、この上に横木(タイコ材)を固定して

  はしご状に作り、管を支えます。
                           

      

       3650×150→120 タイコ   3650×120→90 タイコ

         
  

      

      

・丸太タイコ落とし               ・半割り丸太
        
   タイコ材のログハウス

・円柱材
        

・キャンバ                    ・焼き丸太